2.表計算ソフト(Calc編)

2.4 データ編集

Calcのデータ編集方法について説明します。


2.4.1 データ削除

(1)Deleteキーによる削除(削除内容選択)
削除対象のセルをマウス等で指定後Deleteキーを押すと、削除する
データの属性を指定するダイアログが表示されます。
ダイアログの指定により特定形式の値や書式のみを選択して
削除することが出来ます。
Excelと異なりDeleteキーを押した直後に削除を行わないため注意
してください。
即座に削除したい場合は、BackSpaceキーによる削除を選択してください。

Deleteキーによるセルのデータ削除
Deleteキーによるセルのデータ削除


※内容の削除ダイアログの項目説明("すべて削除"以外は同時に指定可能です)
すべて削除・・・値,コメント,書式を無条件で削除します。
テキスト    ・・・セルの値が文字列の場合、値を削除します。
数              ・・・セルの値が数値の場合、、値を削除します。
日付と時刻・・・セルの値が日付,時刻の場合、値を削除します。
数式            ・・・セルの値が数式の場合、値を削除します。
コメント    ・・・セルのコメントを削除します。(値は削除しません。)
書式        ・・・セルの書式を削除します。(値は削除しません。)

内容の削除ダイアログ
内容の削除ダイアログ


(2)BackSpaceキーによる削除
削除対象のセルをマウス等で指定後BackSpaceキーを押すと、選択した
セルの内容が削除されます。(ExcelでDeleteキーを押した動作と同じです)

BackSpaceキーによるセルのデータ削除
BackSpaceキーによるセルのデータ削除

2.4.2 セル移動

(1)単一セルの移動
Ctrlキーとマウスの左クリックでセルを選択することにより、移動可能
状態となります。移動先のセルまでドラッグ後ドロップを行うことで
セルが移動します。
(Excelでの手順と異なるため注意してください。)

・移動可能状態のセルは下の画面のようにセルの色が変わります。

単一セル移動(セル指定済)
単一セル移動時のセル選択


(2)範囲選択セルの移動
範囲選択時はExcelと同様で、対象開始セルを選択後、対象終了セルで
Shiftキーとマウスの左クリックをすることで範囲が選択されます。
移動時はExcelと異なりセルの周辺だけでなくセル内部をドラッグしても
セルの移動を行うことが出来ます。

・移動可能状態のセルは下の画面のようにセルの色が変わります。

範囲選択セル移動時のセル選択
範囲選択セル移動時のセル選択

2.4.3 入力データの修正

(1)セル内で修正
修正したい文字にマウスポインタを合わせダブルクリックすると
ダブルクリックしたセルがアクティブセルとなり、カーソルが表示され
修正可能な状態となります。
特殊キーによる操作や文字の入力を行って値を修正してください

良く使う特殊キーについて下の表に示します。

キー 内容
BackSpaceキー カーソル前の1文字を削除
Deleteキー カーソル後の1文字を削除
CtrlキーとDeleteキーの同時押し カーソル後の全文字削除(*)
EnterキーまたはTabキー アクティブセルの移動
Escキー 修正前の状態に戻す(アクティブセル移動後は戻せません)
Ctrlキーと"z"キーの同時押し 修正前の状態に戻す(アクティブセル移動後も戻せます)

(*)Excelと異なりカーソル後の文字列により全文字削除を行わないことが
あります。
カーソル後に下の文字種が複数存在している場合は全文字削除は
行われず、途中の文字までの削除に留まります。
(1)半角英数字
(2)半角記号
(3)全角英数字記号
(4)半角記号

(例)カーソル後の文字列が
Openoffice      →全文字削除
Openoffice.org→英数字の文字列の途中で記号"."があるため
"."の前までを削除し .org となります。

(2)数式バー内で修正
修正したい文字にマウスポインタを合わせダブルクリックすると
ダブルクリックしたセルがアクティブセルとなります。
その後、数式バーにマウスポインタを合わせてクリックすると
数式バー内でデータの修正を行うことが出来ます。

数式バー内でデータ修正の画面
数式バー内でデータを修正

2.4.4 入力データの表示形式変更

入力データを様々な形式で編集し表示します。


対象のセルをマウス等で指定後、メニューバーから"書式"→"セル"を指定するか
セル上で"右クリック"→"セルの書式設定"を指定することでセルのフォーマット
ダイアログが表示されます。
数タブの分類,書式を指定することにより、同じ値でも異なる表示形式で表示
することが出来ます。
また、オプションの項目をユーザが設定することによりユーザ固有の定義を
作成し使用することも出来ます。

セルのフォーマットダイアログ(数)
セルのフォーマットダイアログ(数)
編集書式設定例
編集書式設定例

2.4.5 入力データの文字配置変更

セル内のどの位置に入力データを配置するかを設定します。


項番2.4.4と同様の手順で対象のセル指定とセルのフォーマット
ダイアログを表示後、配置タブ内の項目を変更することによりセル内の
位置を変更します。

"横に"は横方向(左,右揃え,中央揃え等)、"縦に"は縦方向(上揃え,
下揃え,中央揃え等)を指定します。
また、体裁欄の項目をチェックすることで現在のセル幅に文字のフォント
サイズを合わせたり、セル幅で折り返して複数行表示にすることも出来ます。
なお、セル同士を結合する機能は、Excelと異なりフォーマット
ダイアログ内からは設定できません。
メニューバー内の"書式"→"セルの結合"で行ってください。

セルのフォーマットダイアログ(配置)
セルのフォーマットダイアログ(配置)
セル配置の設定例
セル配置の設定例

2.4.6 入力データの文字属性変更

入力データのフォントや色を変更します。


項番2.4.4と同様の手順で対象のセル指定とセルのフォーマット
ダイアログを表示後、フォントタブとフォント効果タブの項目を
変更することによりセル内のフォント属性を変更します。
(Excelと異なりフォントタブとフォント効果タブに分かれています。)

・フォントタブ
フォントの種類とサイズを指定するタブです。
Excelと異なりフォントの設定項目が半角英数字・記号用の西洋諸言語用
フォントと、全角文字,半角カナ用のアジア諸言語用フォントの2種類に
分かれており、それぞれ異なるフォント名やサイズを設定できます。

セルのフォーマットダイアログ(フォント)
セルのフォーマットダイアログ(フォント)


・フォント効果タブ
フォントの色や装飾を指定するタブです。

セルのフォーマット(フォント効果)
セルのフォーマット(フォント効果)
文字属性の変更例
文字属性の変更例

2.4.7 罫線の設定

入力データを罫線で装飾します。


項番2.4.4と同様の手順で対象のセル指定とセルのフォーマット
ダイアログを表示後、外枠タブの項目を変更することにより罫線を設定します。

線を引く位置は標準から選択するかユーザ定義欄で定義してください。
線の太さや色は形状,色の欄で選択してください。
(Excelと比較して線種(点線、一点鎖線等)が指定できません。)

セルのフォーマット(外枠)
セルのフォーマット(外枠)
罫線の描画例
罫線の描画例

2.4.8 データの検索と置換

入力したデータの検索およびデータの置換を行います。

(1)データの検索

データの検索を行い、該当データがある場合そのセルに移動します。

検索テキストに文字を入力し、検索(F)またはすべて検索(A)ボタンを押すことで

検索処理を開始します。

データの検索
データの検索

検索の結果、該当するデータが存在しない場合は以下のダイアログが表示されます。

検索データ該当なし
検索データ該当なし

 

(2)データの置換

データの検索を行い、該当するデータがある場合、検索テキストの内容を

置換テキストの内容に置換します。

検索テキストと置換テキストの両方に文字を入力し、置換(R)または

すべて置換(L)ボタンを押すことで、置換処理を開始します。

データの置換(実行前)
データの置換(実行前)
データの置換(実行後)
データの置換(実行後)