3.文書作成ソフト(Writer編)

3.3 文字・図形入力

Writerの文字・図形入力について説明します。


3.3.1 ページスタイル設定

文書作成中にページスタイルを変更するとレイアウトが変わってしまい
文書の修正が必要となるため、あらかじめページスタイルを設定します。

(1)メニューバーより[書式]→[スタイルと書式設定]を選択すると
スタイルと書式設定画面が表示されます。
書式設定画面左上のアイコンでページスタイルを選択すると
Writerで用意しているレイアウトを一覧として表示します。

スタイルと書式設定画面呼び出し
レイアウト一覧

(2)レイアウトを選択後、右クリックで新規作成か変更を選択します。
変更を選択時は現在定義中の内容でページスタイルを表示します。

書式設定作成/変更
ページスタイルのダイアログ


各タブの概要(主に使用する物)

        タブ                 内容        
管理 ページスタイルの名称や全体概要の表示
ページ 用紙サイズや方向、余白を設定
ヘッダー ヘッダーの有無や位置を設定
フッター フッターの有無や位置を設定
段組み 段組みの段数や幅を設定
行数と文字数 ページ内の行数や文字数を設定


(3)変更したい部分を修正後OKボタンを押下すると、ページスタイルが
変更されます。
変更したページスタイルを現在のドキュメントで使用している場合は
ドキュメントのレイアウトを自動的に変更します。


3.3.2 文字入力

文字を入力したい位置にカーソルを位置づけた後、文字を入力します。
カーソルはマウスポインタのクリック以外にカーソルキーや特殊キーに
よって移動させることも出来ます。

文字入力


カーソル移動のキー(主に使用する物)

        動作                 キー        
上,下,左,右に移動 [↑],[↓],[←],[→]
行頭に移動 [Home]
行末に移動 [End]
文書の先頭に移動 [Ctrl]+[Home]
文書の末尾に移動 [Ctrl]+[End]
前画面に移動 [PageUp]
次画面に移動 [PageDown]


3.3.3 罫線作成

メニューバーより[表示]→[ツールバー]→[図形描画]を選択すると
図形描画メニューを表示します。メニュー中の線(/)アイコンを
クリックすることで罫線を作成します。

図形描画メニュー呼び出し
図形描画メニュー
罫線描画


3.3.4 表の追加

(1)ツールバー内の表作成ボタンより作成
表を作成したい位置にカーソルを移動後、標準ツールバーの表作成ボタンを
押下すると行,列を指定するためのグリッド(マス目)を表示します。
行,列に対応するグリッドをクリックすると表を作成します。

表追加
表追加


3.3.5 図形,各種オブジェクトの作成,取り込み

(1)文字の装飾(フォントアートギャラリー使用)
フォントアートギャラリーとは文字にさまざまな装飾をするツールです。

文字を追加したい位置にカーソルを移動させた後、メニューバーより
[表示]→[ツールバー]→[図形描画]を選択すると図形描画メニューを
表示します。
メニュー中の額縁の形のアイコンをクリックすることで、フォントアート
ギャラリーが起動します。

フォントアートギャラリー起動
フォントアートギャラリー起動

フォントアートギャラリーの中で使用したいデザインを選択すると
カーソル位置に選択したデザインの文字列が追加されます。


文字列上でダブルクリックをすると文字入力モードとなります。
ここで文字を変更すると変更後の文字でデザインされます。

変更前

文字変更前


変更後

文字変更後


(2)画像ファイルの取り込みによる図形追加
保存された画像を取り込み、ドキュメント上に追加します。
画像を追加したい位置にカーソルを移動させた後
メニューバーより[挿入]→[画像]→[ファイル]を選択することで
画像の挿入ダイアログを表示します。
挿入ダイアログで選択したファイルの画像がドキュメント上に
追加されます。


(3)ユーザによる図形作成
図形描画機能を使用して、ユーザ自身が図形を作成します。

図形を追加したい位置にカーソルを移動させた後、メニューバーより
[表示]→[ツールバー]→[図形描画]を選択すると図形描画メニューを
表示します。
作成したい図形の形状を選択後、マウスでドラッグ,クリックすることで
図形を作成します。

図形描画メニュー
図形描画メニュー


図形描画メニュー(初期状態)の各項目の内容は以下のとおりです。