3.文書作成ソフト(Writer編)

3.5 表,図形編集

Writerの表,図形の編集について説明します。


3.5.1 表の編集

作成した表のレイアウト修正を行います。

 

(1)行または列の追加

行,列全体またはセルを指定後、[行追加][列追加]ボタンを押下すると

行または列の追加を行います。

行追加の場合は指定した行の下、列追加の場合は指定した列の右に新たに

追加されます。

行追加,列追加ボタン
行追加,列追加ボタン


表追加前(行追加)
表追加前(行追加)
表追加後(行追加)
表追加後(行追加)


(2)行または列の削除
行,列全体またはセルを指定後、[行削除][列削除]ボタンを押下すると
行または列の削除を行います。

行削除,列削除ボタン
行削除,列削除ボタン


表削除前(列削除)
表削除前(列削除)
表削除後(列削除)
表削除後(列削除)


(3)背景色
行,列全体またはセルを指定後、[背景色]ボタンを押下すると
色指定の一覧が表示されます。色を指定すると指定した部分の
背景色が変更されます。

背景色変更
背景色変更


背景色変更前
背景色変更前
背景色変更後
背景色変更後


(4)セルの結合・分離
表内のセルの結合,分離を設定します。
複数セルを選択して結合ボタンを押下することでセルの結合を行えます。
結合済セルを選択して分離ボタンを押下することでセルの分離を行えます。

セルの結合・分離
セルの結合・分離


セル結合前
セル結合前
セル結合後
セル結合後


(5)オートフォーマット
表を選択後、[オートフォーマット]ボタンを押下し、ダイアログ内の
フォーマットを選択することで、フォント,背景,外枠等の書式を
まとめて適用します。

オートフォーマット
オートフォーマット


書式設定後の表
書式設定後の表


(6)表全体の修正
表を選択後、[表のプロパティ]ボタンを押下し、ダイアログ内の
値を設定することで、各項目の修正をまとめて行うことが出来ます。

表のプロパティ修正
表のプロパティ修正


各タブの概要は以下のとおりです
・表タブ
表のサイズ、位置、間隔、配置
・体裁タブ
表の前後に配置するテキストの体裁と垂直配置(上,中央,下寄せ)
・列タブ
各列の列幅
・外枠タブ
表の枠線の位置、サイズ、スタイル
・背景タブ
表の背景色や背景画面の設定


修正後の表
修正後の表


3.5.2 図形,各種オブジェクトの編集

フォントの変形方法や文字の微調整等はフォントワークメニューから
文字列や色,太さの変更はオブジェクト選択後右クリックメニューから行います。

フォントワークメニューと右クリックメニュー
フォントワークメニューと右クリックメニュー


(1)文字の形状を変更(定義済の形状に変更)
対象項目を選択後、フォントワークメニューより[フォントワークのシェイプ]
ボタンを押下すると、形状を選択する画面が表示されます。
形状を選択すると、文字の形状が選択した形状に変形します。

形状変更前
形状変更前
形状変更後
形状変更後


(2)文字の形状を変更(ユーザが変更)
対象項目を選択後、周囲の調整ハンドル(黄色の丸)を移動させることで
形状が変化します。

形状変更前
形状変更前
形状変更後
形状変更後


(3)文字の色を変更
対象項目を選択後、右クリックメニューより[表面]を選択すると、領域
ダイアログが表示されます。塗り方や色を領域タブから選択してください。


塗り方の概要は以下のとおりです

塗り方 指定
単色で塗りつぶす 塗りつぶしに[色]を選択し、塗る色を指定します。
グラデーションカラーで塗る 塗りつぶしに[グラデーション]を選択し、塗るパターンや色を指定します。
色の付いた斜線で塗る 標塗りつぶしに[ハッチング]を選択し、塗る線種や色を指定します。
模様や作成した図形で塗る 塗りつぶしに[ビットマップ]を選択し、塗るパターン(図形)を指定します。
色変更前
色変更前
領域ダイアログ
領域ダイアログ
色変更後
色変更後


(4)文字の輪郭を変更
対象項目を選択後、右クリックメニューより[線]を選択すると
線ダイアログが表示されます。線の形状,色,幅を指定してください。
線を変更することで文字の輪郭が変更されます。

輪郭変更前
輪郭変更前
輪郭変更後
輪郭変更後


(5)文字列の変更
対象項目を選択後、ダブルクリックすると文字入力状態となります。
文字を変更するとその文字に置き換わります。

文字変更前
文字変更前
文字変更後
文字変更後


(6)サイズ変更
対象項目を選択後、右クリックメニューより[位置とサイズ]を選択すると
サイズの変更(拡大/縮小)が行えます。

 

サイズ変更前
サイズ変更前
サイズ変更後
サイズ変更後