4.プレゼンテーションソフト(Impress編)

4.3 スライド作成,編集

Impressのスライド作成,編集について説明します。


4.3.1 ウィザード使用によるプレゼンテーションファイル作成

Impress起動後、プレゼンテーションウィザードが表示されます。
選択した種類によりプレゼンテーションウィザードの手順が変わります。


(1)プレゼンテーションウィザード 1(プレゼンテーションファイル選択)
[白紙]/[テンプレート]/[既存]のどれから作成をするか指定します。
[既存]選択時は作成済ファイルの一覧が表示されるので、ファイル名を
選択後[開く]ボタンを押下すると、選択した既存ファイルをオープンします。

追加前

プレゼンテーションウィザード 1


[既存のプレゼンテーションを開く]を選択時

プレゼンテーションウィザード 1(既存開く)


(2)プレゼンテーションウィザード 2(ページスタイル選択)
[白紙]/[テンプレート]選択時のみ選択可能です。
背景イメージやシートのレイアウトを設定します。

プレゼンテーションウィザード 2


(3)プレゼンテーションウィザード 3(画面切り替え選択)
[白紙]/[テンプレート]選択時のみ選択可能です。
画面の切り替え方法やプレゼンテーションのタイミングを設定します。

プレゼンテーションウィザード 3


(4)プレゼンテーションウィザード 4(表示する項目の入力)
[テンプレート]選択時のみ選択可能です。
会社名やテーマ,表示したい情報を入力します。

プレゼンテーションウィザード 4


(5)プレゼンテーションウィザード 5(出力内容の選択)
[テンプレート]選択時のみ選択可能です。
テンプレートの項目からどの項目を使用するかを指定します。
ここでチェックした項目のみプレゼンテーションファイルに出力します。

プレゼンテーションウィザード 5

4.3.2 スライドの追加,削除


スライドの追加,削除はスライドペインとスライド一覧の両方から行えますが
ここではスライド一覧からの操作手順を説明します。


スライド一覧の切り替え方法
ワークスペース(画面中央)に一覧タブがあるので選択してください。
画面表示が一覧表示モードに切り替わります。

スライド一覧切り替え前

スライド一覧切り替え前

スライド一覧切り替え後


(1)スライドの追加
(a)追加場所の前のスライドを選択します。
(b)右クリックメニュー内の[新しいスライド]を選択します。

追加前

追加後

スライド追加後


(2)スライドの削除
(a)削除対象のスライドを選択します。Shiftキー(範囲選択)やCtrlキー
(個別選択)を使用して、複数のスライドを選択することも出来ます。
(b)[Delete]キーを押下するか、右クリックメニュー内の[スライドの削除]を
選択します。

削除前

削除後

4.3.3 スライドの複写,入替


スライドの追加,削除と同様にスライド一覧からの操作手順を説明します。


(1)スライドの複写
(a)複写対象のスライドを選択後、 右クリックメニュー内の[コピー]を
選択します。
(b)複写先のスライドを選択後、右クリックメニュー内の[貼り付け]を
選択します。
(c)選択後スライドの挿入位置を指定するダイアログが表示されるので
挿入位置(複写先のスライドの「前」または「後」)を指定します。

複写対象のコピー

スライド複写 複写対象コピー
スライド複写 複写対象コピー

複写先を指定し貼り付け

スライド複写 複写先指定して貼り付け

挿入位置指定

スライド複写 挿入位置指定

複写終了

スライド複写 複写終了


(2)スライドの入替
(a)入替対象のスライドをマウスでクリックします。
(b)移動先のスライドまでマウスの左ボタンを押したまま移動先まで移動します。
現在の位置は黒い太線で表示されます。
(c)移動先まで移動したら、マウスの左ボタンを離します。
入替対象のスライドが黒い太線で示した位置に移動します。

入替対象指定

移動先指定

スライド入替 移動先指定

入替終了

スライド入替 終了