OpenOffice.orgで簡単試験

簡単試験について

1.はじめに
OpenOffice.orgを使用した簡単試験について説明します。
あらかじめ作成した問題を元に択一式問題(2択~4択)の作成及び採点を行います。
社内勉強会や自己勉強、簡単アンケートの作成,集計としてご利用下さい。

2.使用ファイル
簡単試験で使用するファイルは以下のとおりです。
(1)簡単試験ツール(ファイル名:簡単試験V100.ods)

3.事前準備
事前準備として問題と選択回答の入力を行います。
(1)管理コード入力
問題作成シートの左上にある管理コードのセルに識別用の文字を入力してください。
ここで入力した文字は回答を採点する際の管理コードとして使用します。任意で入力して下さい。

管理コード入力(入力前)
管理コード入力(入力前)
管理コード入力(入力後)
管理コード入力(入力後)
(2)問題と回答の入力
問題と回答の入力を行います。各項目の入力内容は以下のとおりです。
(問題欄か正解欄+誤回答欄が一方でも空白の問題は出力されないのでご注意下さい。)
問題欄 :問題を入力します。(必須)
正解欄 :問題の答えを入力します。(必須)
誤回答欄:不正解の答えを入力します。(1~3項目)
※誤解答欄の項目数により2択~4択問題となります。

問題作成
問題作成
4.問題出力
(1)出力先ファイルの指定
問題作成シート上の[試験ファイル作成]ボタンを押下すると出力先指定のファイルダイアログを
表示します。
ファイルダイアログでファイル名を入力後[保存]ボタンを押下すると試験問題の出力を開始します。

試験ファイル作成開始
試験ファイル作成開始
出力先ファイル名入力
出力先ファイル名入力

(2)試験問題編集
(1)で指定した出力先に試験問題のファイルを出力します。
1行目~3行目の「ここは自由に書けます。~お使い下さい。」の部分は作成者が任意に
編集できます。
編集後試験問題のファイルを回答者に配布してください。

試験問題(編集前)
試験問題(編集前)
試験問題(編集後)
試験問題(編集後)

5.採点
(1)試験問題回収
回答者より受け取った試験問題を同じフォルダ下に保存してください。(保存する際は回答者毎に
ファイル名を変えてください。)

試験問題回収
試験問題回収

(2)試験問題採点
簡単試験問題ツールの答え合わせシートに移動すると以下の画面が表示されます。
合格点数を入力してください。(未入力時は全員合格となります。)
合格点数を入力後[答え合わせ]ボタンを押下すると保存先フォルダ指定の
ダイアログを表示します。
フォルダを指定後[OK]ボタンを押下すると試験問題の採点を開始します。

※採点対象は問題作成シートと回答の管理コードが一致しているものです。

合格点数入力
合格点数入力
採点開始
採点開始
回答保存フォルダ指定
回答保存フォルダ指定
採点結果
採点結果