11 VBA To OOoBasic対比表(ファイル操作編)

OOo ファイル操作編 OOo

Excel VBAをCalcのOOoBasicで動作可能かの調査

(Windows XP / OpenOffice.org3.1.0 / 3.2.0 / 3.2.1日本語版で検証)

 

VBA互換モード対応可否
使用できます

使用できます

(結果または引数がVBAと異なります)

使用できません(回避方法有)
使用できません(回避方法無)

 

 

No 関数名/メソッド/プロパティ/オブジェクト/ステートメント 内容 VBA使用例 VBA互換モード
1 ChDir カレントパスを変更します ChDir "C:\EXCEL_VBA"
2 CurDir カレントパスを取得します Msgbox CurDir("D")
3 FileCopy ファイルをコピーします FileCopy "C:\Copy_In.xls", "C:\Copy_Out.xls"
4 FileDateTime ファイル作成年月日を表示します Msgbox FileDateTime ("C:\TestFile.xls")
5 FileSearch 検索したファイルの名前とファイル数を表示します With Application.FileSearch
    .LookIn = "C:\Excel_VBA"    '検索対象フォルダ
    .Filename = "*.xls"         '検索対象ファイル
    If .Execute() > 0 Then
        MsgBox .FoundFiles.Count & " 個のファイルが見つかりました。"
        MsgBox "最初に見つかったファイル名は・・・" & .FoundFiles(1)
    Else
        MsgBox "検索条件を満たすファイルはありません。"
    End If
End With
6 GetAttr ファイル/フォルダの属性を調べます

MsgBox GetAttr("C:\Test")

MsgBox GetAttr("C:\EXCEL_VBA\Test1.xls")

7 MkDir 新しいフォルダを作成します MkDir "C:\Tool\Folder"
8 Name ファイル名を変更します Name "C:\TEST\TEST.xls" As "C:\TestTool.xls"
9 Name フォルダ名を変更します Name "C:\TEST" As "C:\NEWTEST"
10 OpenText テキストファイルを読み込みます Workbooks.OpenText FileName:= "C:\EXCEL_VBA\TESTDATA.txt"
11 RmDir フォルダを削除します RmDir "C:\TEST"
12 Kill ファイルを削除します Kill "C:\EXCEL_VBA\TESTDATA.txt"

 

★パスワード保護領域について

 

一部の記事に関しては、パスワード保護をかけております。パスワード保護領域の記事を閲覧していただくには事前ユーザー登録が必須となります。

下記より事前ユーザー登録をお願い致します。

 

事前ユーザー登録(無料)