12 VBA To OOoBasic対比表(ユーザフォーム編)

OOo ユーザフォーム・コントロール編 OOo

Excel VBAをCalcのOOoBasicで動作可能かの調査

(Windows XP / OpenOffice.org3.1.0 / 3.2.0 / 3.2.1日本語版で検証)

 

VBA互換モード対応可否
使用できます

使用できます

(結果または引数がVBAと異なります)

使用できません(回避方法有)
使用できません(回避方法無)

 

 

No 関数名/メソッド/プロパティ/オブジェクト/ステートメント 内容 VBA使用例 VBA互換モード
1 ActiveControl
Value
アクティブコントロールの値を取得します Worksheets("Sheet1").Range("A1").Value = ActiveControl.Value
2 AddItem リストボックスのリストに項目を追加します UserForm1.ComboBox1.AddItem = "大"
UserForm1.ComboBox1.AddItem = "中"
UserForm1.ComboBox1.AddItem = "小"
3 BackColor テキストボックスの背景色を設定します UserForm1.TextBox1.BackColor = RGB(255, 0, 0)
4 Caption オブジェクトの文字列を変更します With UserForm1
    .Caption = "タイトル"           'フォームタイトル
    .Label1.Caption = "ラベル"      'ラベル
    .CheckBox1.Caption = "ON"       'チェックボタン
    .OptionButton1.Caption = "YES"  'オプションボタン
    .CommandButton1.Caption = "OK"  'コマンドボタン
End With
5 End プログラムの実行を終了します End
6 Height
Width
ユーザーフォームのサイズを変更します UserForm1.Height = UserForm1.Height + 100
UserForm1.Width  = UserForm1.Width + 100
7 Left
Top
ユーザーフォームの表示位置を変更します

UserForm1.Left = 200

UserForm1.Top  = 100

8 RowSource リストボックスのリストにセルの内容を設定します UserForm1.ListBox1.RowSource = "Sheet1!B5:B10"
9

Show/

Hide/

UnLoad

ユーザーフォームの制御を行います
UserForm1.Show      '表示
UserForm1.Hide      '非表示
Unload UserForm1    '閉じる
10 Style マルチページ,タブストリップの種類を設定します UserForm1.TabStrip1.Style = fmTabStyleTabs
11 Text コントロールの文字列を設定します TextBox1.Text = "OK"
12 Top
Left
コントロールの表示位置を変更します Sub TEST()
    UserForm1.Show
End Sub
Private Sub CommandButton1_Click()
    UserForm1.TextBox1.Top = 100
    UserForm1.TextBox1.Left = 100
End Sub
13 Value チェックボックス,オプションボタンを設定します CheckBox1.Value = True
OptBtn1.Value = False
14 Visible コントロールの表示/非表示を設定します UserForm1.TextBox1.Visible = False

 

★パスワード保護領域について

 

一部の記事に関しては、パスワード保護をかけております。パスワード保護領域の記事を閲覧していただくには事前ユーザー登録が必須となります。

下記より事前ユーザー登録をお願い致します。

 

事前ユーザー登録(無料)