5 VBA To OOoBasic対比表(セル編)

OOo セル編 OOo

Excel VBAをCalcのOOoBasicで動作可能かの調査

(Windows XP / OpenOffice.org3.1.0 / 3.2.0 / 3.2.1日本語版で検証)

 

VBA互換モード対応可否
使用できます

使用できます

(結果または引数がVBAと異なります)

使用できません(回避方法有)
使用できません(回避方法無)

 

 

No 関数名/メソッド/プロパティ/オブジェクト/ステートメント 内容 VBA使用例 VBA互換モード
1 Activate アクティブシートの指定セルをアクティブにします ActiveSheet.Range("A1").Activate
2 Add / Name

絶対参照で指定したセルにセル範囲名を設定します

Worksheets("sheet1").Names.Add Name:="範囲",RefersTo:="=$A$1:$B$7"
3 Add / Name

相対参照で指定したセルにセル範囲名を設定します

Worksheets("sheet1").Names.Add Name:="範囲",RefersTo:="=A1:B7"

4 AddComment コメントを表示します Range("B6").AddComment "コメントを表示する"
5 Address

現在選択されているセルのアドレスを取得します

 (表示例:$A$1)

MsgBox Selection.Address
6 Address

現在選択されているセルのアドレスを相対参照で取得します

(表示例:R[2]C[-1])

MsgBox Selection.Address(RowAbsolute:=False, _

ColumnAbsolute:=False, _

ReferenceStyle:=xlR1C1, _

RelativeTo:=Range("C5"))

7 Characters セル内の文字列の一部を取得します

 

Range("E4").Value = Range("B4").Characters(7,3).Text

8 Clear セルの書式設定と値をクリアします

Range("C10:C11").Clear

9 ClearComments 選択したセルのコメントを削除します Range("C10:C11").ClearComments
10 ClearContents

選択したセルのデータをクリアします

Range("C10:C11").ClearContents
11 ClearFormats

選択したセルの書式をクリアします

Range("C10:C11").ClearFormats

12 Color

選択したセル内部の色を変更します

(RGB)

Range("B10").Interior.Color = RGB(255, 255, 0)
13 ColorIndex

選択したセル内部の色を変更します

(INDEX)

Range("B10:D10").Interior.ColorIndex = 3
14 Column 選択したセル範囲の最初の列番号を取得します

Msgbox Selection.Column

15 Columns / Select 列を選択します(1列) ActiveSheet.Columns(3).Select
16 Columns / Select 列を選択します(複数列) ActiveSheet.Columns("B:F").Select
17 ColumnWidth 列の幅を取得/設定します

ActiveSheet.Columns("B:F").Select

Selection.ColumnWidth = 20

18 Comment / Text

コメントを取得します

(セル単位)

MsgBox Range("B6").Comment.Text
19 Comment / Visible コメントを表示/非表示にします Range("C10").Comment.Visible = True
20 Comments / Text

コメントを取得します

(シート単位)

MsgBox ActiveSheet.Comments(4).Text
21 Copy セルをクリップボードへコピーします Range("A5").Copy
22 Copy セルをクリップボードへコピー後セルに貼付します Range("A5:A10").Copy Destination:=Range("F1")
23 Count / Rows / Columns 選択したセル範囲のセル数,行数,列数を取得します

ActiveSheet.Columns("B10:E20").Select

MsgBox "セル数:" & Selection.Count & _

"行:" & Selection.Rows.Count & _

"列:" & Selection.Columns.Count

24 Cut セルの内容を切り取り後セルに貼付します Range("A5").Cut Destination:=Range("F1")
25 Cut セルの内容を切り取ります Range("A5").Cut
26 CutCopyMode コピー(切り取り)対象範囲を示している点滅する枠線を非表示とします

Range("A1").Copy

Range("C5").PasteSpecial

Application.CutCopyMode = True

27 Delete セルを削除します(セル単位) Range("A5").Delete Shift:=xlShiftToLeft
28 Delete

セルを削除します

(範囲指定)

Range("A5:A7").Delete Shift:=xlShiftUP
29 EntireRow / Delete セルを行単位で削除します

Range("C2").Select

Selection.EntireRow.Delete

30 EntireColumn / Delete セルを列単位で削除します

Range("C7").Select

Selection.EntireColumn.Delete

31 Names / Delete セル範囲名を削除します ActiveWorkBook.Names("範囲名1").Delete
32 EditDirectlyInCell セル内の編集を許可/禁止します Application.EditDirectlyInCell = True
33 EnableAutoComplete オートコンプリート機能を設定/取得します Application.EnableAutoComplete = False
34 EntireColumn / Select セルを列単位で取得します Range("B2:C9").EntireColumn.Select
35 EntireRow / Select セルを行単位で取得します Range("B2:C9").EntireRow.Select
36 Formula

セルの数式を取得/設定します

(A1参照形式)

Worksheets("Sheet1").Range("A5").Formula =  "=SUM(A1:A4)"
37 FormulaHidden

数式バーの数式表示状態を取得/設定します

(シート保護時)

Range("D10").FormulaHidden = True
38 FormulaR1C1

セルの数式を取得/設定します

(R1C1参照形式)

Worksheets("Sheet1").Range("A5").FormulaR1C1 = "=SUM(R1C1:R4C1)"
39 HasFormula セル範囲の数式入力状況を調べます Select Case Selection.HasFormula
  Case True
    MsgBox "全てのセルで数式を入力しています。"
  Case False
    MsgBox "全てのセルで数式を入力していません。"
  Case Else
    MsgBox "一部のセルで数式を入力しています。"
End Select
40 Height / Width

セルの高さや幅を取得/設定します

(表示単位:ポイント)

Range("B2:C9").Select

Msgbox "高さ:" & Selection.Height

Msgbox "幅:" & Selection.Width

41 HorizontalAlignment 文字列の横位置を取得/設定します Range("B10:D10").HorizontalAlignment = xlHAlignCenter
42 Insert セルを挿入します(セル単位) Range("A5").Insert Shift:=xlShiftToRight
43 Insert セルを挿入します(範囲指定) Range("A5:A10").Insert Shift:=xlShiftDown
44 EntireRow / Insert セルを行単位で挿入します

Range("B4").Select

Selection.EntireRow.Insert

45 EntireColumn / Insert セルを列単位で挿入します

Range("B5").Select

Selection.EntireColumn.Insert

46 Item / Visible ふりがなを表示します Range("A7:B10").Phonetics.Item(1).Visible = True
47 MergeCells セルを結合します Range("B5:C7").MergeCells = True
48 Name セル範囲名を取得/設定します Range("A1:A10").Name = "範囲"
49 NumberFormatLocal セルの表示形式を取得/設定します Range("C5:C10").NumberFormatLocal = "[青]\#,##0;[赤]\-#,##0;;"
50 Orientation

セルの文字列の方向を取得します

Msgbox Range("B10").Orientation
51 Orientation セルの文字列の方向を設定します Range("B10").Orientation = xlUpward
52 Paste セルを貼り付けます

Range("A5:A10").Cut

ActiveSheet.Paste Destination:= RANGE("F1")

53 PasteSpecial 形式を指定してセルを貼り付けます

Range("A1:A10").Copy

Range("D1").PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Transpose:=True

54 Pattern セルの塗りつぶしのパターンを取得/設定します

Range("B10").Interior.Pattern =xlPatternGray50

55 PatternColor セルを塗りつぶしの色を取得/設定します

Range("B3:G5").Interior.Pattern = xlPatternLightUp

Range("B3:G5").Interior.PatternColor = RGB(0, 255, 0)

56 Phonetics / Text ふりがなを取得します Range("A1").Value = Range("A7:B10").Phonetics(3).Text
57 ReferenceStyle セルの参照形式を取得/設定します Application.ReferenceStyle = xlR1C1
58 RowHeight 行の高さを取得/設定します Selection.RowHeight = 40
59 Rows / Select

行を選択します

(1行)

ActiveSheet.Rows(3).Select
60 Rows / Select 行を選択します

(複数行)

ActiveSheet.Rows("2:6").Select
61 Row 選択したセル範囲の最初の行番号を取得します

Range("B10:D12").Select

MsgBox Selection.Row

62 Select セル又はセル範囲を選択します Range("A1:B10").Select
63 ShrinkToFit セル範囲の縮小表示設定を調べます

Select Case Selection.ShrinkToFit
  Case True
    MsgBox "全てのセルで縮小表示の設定を指定しています。"
  Case False
    MsgBox "全てのセルで縮小表示の設定を指定していません。
  Case Else
    MsgBox "一部のセルで縮小表示の設定を指定しています。"
End Select

64 ShrinkToFit セル範囲の縮小表示を設定します Range("B4").ShrinkToFit = True
65

StandardHeight /

StandardWidth

規定の行の高さや列の幅を取得します

Rows("2:9").RowHeight = ActiveSheet.StandardHeight

Columns("D:E").ColumnWidth = ActiveSheet.StandardWidth

 

66 Text セルの文字列を取得します MsgBox Range("D10").Text
67 Value セルの値を取得/設定します

ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet2").Activate

Activesheet.Range("B8:C10").Value = 0.1

68 Value

セルの値を取得/設定します

(Value省略)

Selection = "Test"
69 VerticalAlignment 文字列の縦位置を取得/設定します Range("B10").VerticalAlignment = xlVAlignCenter
70 WrapText セル範囲の折り返し設定を調べます

Select Case Selection.WrapText
  Case True
    MsgBox "全てのセルで折り返し設定を指定しています。"
  Case False
    MsgBox "全てのセルで折り返し設定を指定していません。"
  Case Else
    MsgBox "一部のセルで折り返し設定を指定しています。"
End Select

71 WrapText セル範囲の折り返し設定を設定します Range("B4").WrapText = True

 

★パスワード保護領域について

 

一部の記事に関しては、パスワード保護をかけております。パスワード保護領域の記事を閲覧していただくには事前ユーザー登録が必須となります。

下記より事前ユーザー登録をお願い致します。

 

事前ユーザー登録(無料)