シート関数の比較

EXCELとOpenOffice.orgのシート関数を比較し

そのままでは動作しない関数についてまとめました。

(1)PHONETIC

       OpenOffice.orgではふりがな機能が存在しないため使用できません。

(2)FINDB, LEFTB, LENB, MIDB, RIGHTB, REPLACEB, SEARCHB

       OpenOffice.orgではバイト数指定による文字列編集は使用できません。

       文字数指定(関数名に"B"がないもの)で代用してください。

(3)YEAR, MONTH, DAY, DAYS360

       EXCELの日付文字列("/"区切り)を引数とすると#VALUEエラーとなります。

       日付文字列は"-"区切りとしてください。

日付編集文字列設定(○:正常 ×:エラー)

 
yyyy/mm/dd
yyyy-mm-dd
EXCEL
OpenOffice.org
×

(4)DOLLAR

       EXCELでは半角文字の"$"が付加されます。

       OpenOffice.orgではOSで指定した通貨記号が全角文字で付加されます。

       (初期設定時は"¥"が設定されます。)

 

       EXCEL:             DOLLAR(10) = $10

       OpenOffice.org: DOLLAR(10) = ¥10

(5)TRIM

       OpenOffice.orgでは文字列中の全角スペースは削除されません。

       また、全角スペース前後の半角スペースが削除されないことがあります。

 

       (例)△:半角スペース ▲:全角スペース

              TRIM("△△△TEST△△△TEXT△△△") = "TEST△TEXT"

              TRIM("△▲△TEST△▲△TEXT△▲△") = "▲△TEST△▲△TEXT△▲"

              (EXCELの場合は"TEST△TEXT")

(6)INFO

       OpenOffice.orgでは次のコマンド以外を指定するとエラーとなります。

       ・"recalc"(再計算モード)

       ・"release"(Officeバージョン)

       ・"system"(操作環境)

       ・"numfile"(シート数)→ 戻り値に 1 が自動的に設定されます

       ・"osversion"(OSバージョン)→ 戻り値に "Windows (32-bit) NT 5.01" が自動的に設定されます

 

(7)ERROR.TYPE

       OpenOffice.orgではERRORTYPE関数となります。("."なし)

       また、エラーコードがEXCELとOpenOffice.orgで異なります。

 
EXCEL
OpenOffice.org
#DIV/0!
2
532
#VALUE!
3
519
#REF
4
524
#NAME?
5
525
#NUM!
6
519