差込印刷

差込印刷とは・・・

雛形の文書に、外部データ(表計算やデータベースファイル等)を読み込み印刷する使用例は、年賀状印刷(雛形の文章に宛名を入れ替えて印刷)が有名でしょう。その他は、通し番号を外部データとして扱うのも良いでしょう。

例)

  • 差込印刷機能前

 

  • 差込印刷機能後

 

差込印刷は、下記操作手順で登録~印刷までを行います 


Ⅰ.差込データを準備します

Ⅱ.差込データをWriterに登録します

Ⅲ.差込データを印刷します 

 


Ⅰ.差込データを準備します


    • 外部データの用意(ここではCalcとします)

 

差込データ.ods
差込データ.ods
    • 雛形の文章

 


Ⅱ.差込データをWriterに登録します


 

  1.Writerにて、メニューバーの「挿入」/「フィールド」/「その他」を選択

  2.検索ボタンを押下する

  3.差し込みするデータを選択し、開くボタンを押下します

  4.差し込みする場所を設定します

      ①差し込みたい位置にカーソルを位置づけます

      ②差し込みたいフィールドをダブルクリックします

       (事前に『データベースタグ』の『差し込み印刷フィールド』を選択)

      ③確認

      ④閉じるボタンを押下します

      ※ データベースのフィールドをドラック&ドロップでも可能です


Ⅲ.差込データを印刷します


 

  1.メニューバーの「ツール」/「差し込み印刷ウィザード」を選択

  2.差し込み印刷ウィザード画面が表示されます

      『現在のドキュメントを使用』→『次へ』→『レター』→『次へ』を選択

  3.差し込み印刷設定した箇所《xx》にプレビュー表示されます

      『|<』 or 『<』 or 『>』 or 『>|』でデータが更新されます

  4.作成した差し込み印刷を印刷してみます

      『次へ』→『次へ』→『結合ドキュメントを印刷』を設定

  5.プリンターを選択して印刷します

      『ドキュメントの印刷』でプリンターに差し込み印刷されます

  6.完成

      『完了』ボタン押下で終了します